故 前田 幸男

令和二年一月一日 8時47分 永眠いたしました。 長年 大島紬の製造販売と4期16年の議員生活と初代奄美市の議長として70歳で勇退 近年は、宇宿漁港で好きな釣りしらがら生活しておりましたが12月30日から風邪をこじらせ31日の夕方 徳洲会病院へ インフルエンザAと診断を受け 肺炎かもしれないという事で名瀬徳洲会へ母と向かい肺炎も併発して入院する事になり 明日準備してくるねと父と別れ 車に気を付けて帰れよ 父に言われ病院を後にしました。 よく元旦 朝 6時過ぎに先生から電話があり 急変したので来てくださいと言われ 病院へ  すでに呼吸困難を起こしており 延命処置をお願いして準備をしていた所 心臓が止まり 30分間蘇生処置をしましたが 心臓が動くとこがありませんでした。 短い人生でしたが幸せだったと思います。 元旦で店も開けずお知らせも出来ずに今日に至りますが 今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です